海と生きる
Living with the sea

日本財団

SDGsへの取り組み
持続可能な環境保全活動
SDGs

日本財団

日本の海洋文化と
伝統を守る要

学ぶ、守る、体験する

魚介類を育てる「海のゆりかご」といわれるアマモ。海中植物(海草)のアマモは魚介類の産卵場所や幼稚魚の生息場となり、健全な沿岸環境の維持に欠かせません。日生町では漁協などが約30年前からアマモの育成に努め、「アマモ場再生活動発祥の地」となりました。

ひなせうみラボでは、海への関心や好奇心喚起を意図とした活動をおこない、次世代を担う子供たちが海をより「自分ごと」として捉え、海を未来へ引き継ぐ行動の輪を広げる拠点となることを目指しています。

ひなせうみラボについて

新着情報

さまざまな体験

里海の交番では、さまざまな海洋教育・体験プログラムを実施しています。海ごみ問題やアマモ場再生、いきもの観察、漁業体験、調理体験、シーカヤック、シュノーケリング等々。皆様のお越しをお待ちしています。

海洋教育・体験

イベント・ワークショップ

現在開催予定のイベントはありません